top of page
  • 執筆者の写真Gripキッズ 取手校

Gripキッズ取手校、始動


(凧あげが出来たらひもを貼りつける予定!)


いよいよ1月からGripキッズ取手校がスタートしました!


ここからGripキッズの考える療育活動を展開してまいります。

ブログでも少しばかり述べさせていただきましたが、


「SSTを軸とした、学習療育」


がGripキッズ取手校の目指す形です。

家庭、学校、そしてそれらの「外」でも、お子様が楽しく活動できることを意図しています。

そしてそういった学習や経験が、社会に出る際の「自立」に繋がるようになればと考えています。



1月からのご利用を開始したお子様に、そうした目標に向けた最初のステップとしての支援計画を立てています。

一人ひとり、状況が異なる中で、個別プログラムを実施し、更にみんなで集まって集団プログラムを行う中で、対人・社会性を身につけていけるような取り組みを計画しています。


学習療育は自分と向き合って、「自分について一歩引いて自覚」することと、「自覚した自分について相手に伝わるように発信していく」作業が伴うことで効果が高まります。


Gripキッズ取手校でそうしたステップを踏んでいけるよう、ここから取り組んでまいります。

まだお会いできていな方々には、そうした取り組みについてこのブログでも少しずつお話しできたらと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page