top of page
  • 執筆者の写真Gripキッズ 取手校

集団プログラム(発射台紙ひこうき・◯△□で何が作れる?)

こんにちは!

放課後等デイサービスのGRIPキッズ取手校です!


発射台を作り紙ひこうきを飛ばしました。

発射台は指導員から作り方の説明をしっかり聞き台紙を折り曲げていき、最後に輪ゴムを先に付けて作っていきました。


紙ひこうきも各々自由に作り、発射台に乗せて飛ばしてみます。

すると、紙ひこうきはゴムの戻ろうとする力を利用して真っ直ぐ飛んでいき、お子様たちはとても盛り上がりました!


うまく飛ばすことができないお子様もいましたが、指導員に聞きに行き試行錯誤をして最終的には上手に飛ばすことができました。


最後にみんなで同時に紙ひこうきを飛ばしました。

紙ひこうきを遠くに飛ばせることは嬉しいようで、発射台で飛ばしたりたまに手で投げたりして比べながら楽しく活動ができました。




2チームに分かれ、◯△□の形をした紙を制限時間内に集め、集めた紙を使い作品を作りました。


何を作るかはそれぞれのチームで相談しあって決めます。

Aチームは「世界地図」を大陸ごとに担当を分けて作りました。小さい大陸は紙を折り曲げて貼ったり、また、折り紙を5枚使用して良いというルールの元、世界地図の通りの色を大陸につけたり、南極を青で表現したりなど工夫が見られました。



Bチームは「キノコ」を一人一人作りました。△、□の紙を上手に使いキノコの形を作っています。また、折り紙を使い目や口を付けてキャラクターのようなかわいらしいキノコが完成しました。

紫色の折り紙を使ったのは毒キノコをイメージしているそうです。





今回は夏休み中に行っている集団プログラムをご紹介しました。


体験、見学受け付けておりますので、気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせください。





閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page