top of page
  • 執筆者の写真Gripキッズ 取手校

集団プログラム(ボール運び・伝言ゲーム)

こんにちは!

放デイのGRIPキッズ取手校です!


新聞紙を使ったボール運びをしました。

2人1組で新聞紙の端と端を持ち、真ん中にボールを乗せて落とさないように運びます。


最初はバランスを取ることが難しく、特に机の周りをぐるっと一周するところでボールを落としてしまうことが多かったのですが、回数を重ねていくうちに、2人で協力しながらスムーズに運ぶことができていました。


タイムを測っていたので、どのチームも記録を更新しよう!と張り切り、ぐんぐんとタイムを縮めていました。


また、番が回ってくるのを待っているお子様は、タイムキーパーの手伝いをしてくれたり、スタートの合図をしてくれたりなどとても協力的に参加してくれていました。





イラストを用いた伝言ゲームをしました。

順番を決め、1番の人がお題を見て絵を描き、次の人は1番の人が描いた絵を5秒間だけ見て描き…と続けていき、最後の人がお題を当てるというゲームです。


最後の人が回答をしたあとに答え合わせをします。お子様たちはそれぞれ何と思って絵を描いたのかを順番に聞いていきました。


すると、だんだんお題から離れていってしまったり、お題からかけ離れた物を思って描いたにも関わらずお題通りに最後まで繋ぐことができていたことが発覚したりなど、お子様たちも「なんで!?」と言いながら答え合わせを楽しんでいました。




今回はボール運び、伝言ゲームの集団プログラムをご紹介しました。


少しでも気になることがございましたら体験、見学受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page