top of page
  • 執筆者の写真Gripキッズ 取手校

夏休みの罠

こんにちは!

GRIPキッズ取手校です!


夏休みが1ヶ月後に迫ってきています。

夏休みは生活習慣もそうですが、学習習慣もリセットされてしまう時期です。


本来そんなことがあってはならないのですが、現実としては起こりうる話です。


原因として、 起床時間がズレる、決められた時間に決められた作業がない、普段の休日と過ごし方が異なる といった事柄が挙げられます。


生活形式が普段と異なる部分が多いほど、せっかく築き上げてきたものがリセットされてしまう部分が多くなります。


これを防ぐには、夏休みの入り口でブレないことが大切です!


最初の週で夏休みモードになってしまうと、言うまでもなく夏休みの終わりまでズルズルと続いてしまうでしょう。


以上のことから、初日から起床時間を変えずに普段の土日に近い形(できれば平日の学校時間の中に学習時間を入れる形)で過ごすことが重要になります。


その導入として、放デイを夏休み初日に利用することもよいでしょう。


GRIPキッズでは夏休みの午前10時からご利用者様をお預かりしています。


また時間割形式で、学校と似たような過ごし方ができます。


夏休みでも午前中からダラダラすることなく日中生活が送れるのです。


大まかな流れとしては、10時・来室→10時15分・個別プログラム→12時・昼食→12時30分・休憩→13時・集団プログラム→15時・退室となります。


中学生以上のお子様は、17時までのお預かりとなっており、15時~17時まで勉学に集中して頂く中高生専用時間を設けています。





体験見学受付中ですので、少しでも気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page