top of page
  • 執筆者の写真Gripキッズ 取手校

ピンポン玉を使ったプログラム

こんにちは!

放課後等デイサービスのGRIPキッズ取手校です。


昨日はピンポン玉を使ったプログラムをしました。ピンポン玉をワンバウンドで投げ、カップの中に入れるというものです。

1回ボールを落とすという動作があることで、普通に投げるのとはまた違った腕のコントロール力が鍛えられます。

強く投げたらカップを通り越してしまい、しかし弱すぎたらバウンドの回数が多くなってしまいます。さらにバウンドさせる位置によっても変わるため、簡単そうに見えて意外と難しいです。

お子様たちは最初思うようにいかないという人もいましたが、回数を重ねていくうちに投げ方がわかってきたのかどんどん上手になっていきました。また、カップによって点数を設け、合計点数で競い合うことで競争心が生まれとても盛り上がりました。



こうしたピンポン玉を使用したプログラムは他にもあります。

例えばスプーンやお玉、ラケット等にピンポン玉を乗せてレースをするプログラムでは、ピンポン玉を落とさないよう気をつけながら走るため、バランス感覚が身につけられます。

卓球のプログラムでは、ピンポン玉が打ちやすい位置にきたのを確認する→ラケットで打つという動作をするため、手と目の協調性が身につけられます。


今回はピンポン玉でのプログラムを紹介しました。他にもたくさんの道具を使用し、お子様たちが力を身につけられるようなプログラムを行っております。

見学・体験受け付けておりますので、少しでも気になる点がございましたら気軽にお問い合わせください!

閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page